施工中物件。

本日、小美玉市にてH様邸の上棟でした。

DSCF6453

コンパクトでミニマルなお宅です。

2018年11月27日

施工中物件。

DSCF5269

DSCF5291

DSCF5268

現在施工中の公民館です。1月22日に上棟でしたが、あいにくの降雪となりました。。
今週また降雪かもとの予報なので戦々恐々です。

施工事例を更新しました。

つくば市、K様邸の施工事例を追加しました。
また、施工事例の表示形式を変更致しました。

2017年3月24日

省エネ基準について。

今年の4月より、「大規模な非住宅建築物に対する適合義務及び適合性判定義務」が義務付けられることとなっており、つまるところ、「一定規模以上の建物は、省エネ基準に合致していないと、建築確認申請がおりない」ということになります。

一般住宅についても、2020年に義務化の予定となっており、省エネに対する規制が年々厳しくなっている現状です。

DSCF4157

弊社では、部位ごとに決められた数値を当てはめる「仕様規定」ではなく、各所・各項目を計算していく「性能規定」にて、省エネ性能(外皮熱貫流率・【冷房期】平均日射熱取得率・【暖房期】平均日射熱取得率)を算出しておりますので、過剰な断熱性能とせず、基準値をクリアすることができます。(「断熱等性能等級4」の基準になります)

また、お客様のニーズに合わせた断熱性能のご提案も可能です。
(平成28年省エネ基準における「住宅省エネルギー技術講習会(設計者)」受講済み)

「断熱性能」についてのご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

【 ↓ 計算書の実例 】

省エネ計算書1
省エネ計算書2
省エネ計算書3

2017年2月5日

施工中物件。

現在、茨城県某市にて、専用住宅を新築中です。
土地購入時よりお手伝いをさせて頂きました。
こちらの物件の屋根材には、サンレイ(洋瓦)を使用しております。

【 ↓ 躯体状況 】※表しの柱は養生をしております。
dscf4083

【 ↓ 屋根近景 】※三色による混ぜ葺き仕様
dscf4088

2017年1月7日

既存建物へのエレベーターの新設について。

既存住宅のバリアフリー化や店舗の利便性向上のためにエレベーターの設置を
検討されている方も少なくはないかと思います。

エレベーターの新設には独自に建築確認申請が必要となります。
新築物件であれば、エレベーター業者さんが確認申請を勝手に進めてくれますが、
既存の改修となると、設置する位置によって、他の部分の改修が法的に必要になり、以外とハードルが高くなってしまいます。

そこで、建物と構造的に分離すると、既存遡及がなくなるのですが、特に構造計算をしてある建築物だと、
その安全性を検討してくれ、という要求が確認審査機関から打診されることがほとんどです。

弊社ではその安全性の検討書の作成も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

【 ↓ 検討書のサンプル】
microsoft-word-%e6%a4%8d%e7%94%b0%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%ad%ef%bd%85%ef%bd%96%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%89%e5%85%a8%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%a4%9c%e8%a8%8e%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%89%88_01

2017年1月6日

住宅相談受付中。

弊社では、住宅相談を無料で実施しております。

建築費用に関することや、その他にどのくらいの出費となるのか(必要諸費用の概算書作成可能です)、
また、いま購入を考えている土地で、思い通りの住宅が建築可能なのか等や、
ちょっとしたご相談でもお受け致します。

  【 ↓ 弊社フライヤー 】
%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e5%ae%8c%e6%88%90_01

  【 ↓ 必要諸費用概算書のサンプル 】
%e6%a6%82%e7%ae%97%e6%9b%b8%e3%80%90%e2%97%8b%e2%97%8b%e6%a7%98%e9%82%b8%e3%80%91format_01

2017年1月6日

「業務報酬基準」を追加しました。

 設計・監理業務に関わる業務報酬基準の目安を追加しました。

 弊社では、平成21年国土交通省告示第15号に基づいて算出をしております。そのため、建設工事費に対する料率方式ではなく、床面積及び人・時間から算出した方式となっております。
 表示している金額はあくまでも目安となりますので、詳しくは弊社までお問合せ下さい。

2016年12月17日